かけもちにっき

揺れ動くおたく

黒髪

大倉くんの髪型がさっそく変わっていたよ!前回の髪型が大大大大大好きだったからちょっと寂しいけど今回のも可愛いね(´∀`*)かっこよくてちゃらい兄ちゃんが純朴そうな爽やか好青年になったよ!大倉くんてちょっと髪型変えるだけで全然違う人に見えるから不思議。このビジュアルでどんなラブストーリーを展開してくれるのか・・・ドキドキ。あ、そういえばグッズの撮影したって書いてあったけどどっちの髪型なのか気になる〜。

昨日は4回目のエイトレンジャーを見に行ってきたのですが(前売りが終わらないw)大きなスクリーンのアップでも全然問題ない横山さんのお肌についつい見とれてしまいました。大倉くんは・・・綺麗に撮ってもらえるといいね(*´∀`*)よこちょも大倉くんも舞台挨拶お疲れ様でした。ハワイ公開おめでとー!しかしハワイの人にちょいちょい出てくる小ネタは通じるのかなw

関ジャニ∞・大倉、“担当色”グリーンに不満「レッドになりたい」
オリコン 8月17日(金)11時12分配信

 人気グループ・関ジャニ∞大倉忠義が17日、都内で映画『エイトレンジャー』の大ヒット御礼舞台あいさつを行った。2005年からグリーンレンジャーを担当している大倉は、自身の担当色に不満顔で「本当はアカレンジャーになりたい。色はブルーが好き」と発言。「グリーンってことに関して、僕はいまだに疑問を持ってます。どんどん上を目指して頑張ります」と決意を語った。

 この日、大倉は東京を皮切りに浜松、名古屋、大阪、岡山の5ヶ所、横山裕が札幌、広島、福岡の3ヶ所をまわる。移動距離750kmの大倉に対し、3250kmを移動する横山に、「僕の方が(5ヶ所と)多くてすごいって話していたけど、移動距離をは横山君の方が大変そう。失礼な発言がいっぱいあったので、今度会ったら謝りたい」と笑わせていた。

 同作はデビュー8周年を迎えた関ジャニ∞が、2005年から各地のコンサートでご当地ネタを盛り込み披露してきた戦隊キャラクター「エイトレンジャー」を映画化。10月にはハワイでの公開も決まり、「街で外国の人に『グリーンや!』って声をかけられる日が来るんですかね。夢ですね」と目を輝かせていた。

『エイトレンジャー』が海外進出! 関ジャニ・大倉、感激!
シネマトゥデイ 8月17日(金)11時10分配信


ハワイ上映決定! 本日は全国8都市で舞台あいさつを敢行! - (C) J Storm / 2012エイトレンジャー映画製作委員会

 17日、アイドルグループ・関ジャニ∞主演映画『エイトレンジャー』の大ヒット御礼舞台あいさつがTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、グリーンレンジャーを演じた同グループ大倉忠義が出席。10月より本作がハワイで上映されると発表された。

映画『エイトレンジャー』作品情報

 この日の会場はほぼ9割が女子で埋まる盛況ぶりで、同作のハワイ上映が発表されると大倉はファンと共に大喜び。「『エイトレンジャー』が外国の方に知っていただけるきっかけになればうれしい」と感激し、「街で外国の方に声を掛けられる日が来るんですかね。『グリーンや!』って言われるのが夢ですね」と笑顔を見せた。

 また、ファンが直接大倉に質問できるティーチインも行われ、大変だったシーンは「悪者に拘束されるシーンではずっと硬いところに座っていたので、その日はお尻がダメになってしまった」、7色の中で本当に演じたかった色は「赤レンジャーになりたいです。でも色はブルーが好きです」とユーモア交じりで回答し、会場を沸かせていた。

 当日は同舞台あいさつを皮切りに、大倉と横山裕が分かれて1日で全国8都市を回る舞台あいさつツアーを開催。大倉は東京のほか浜松・名古屋・大阪・岡山を訪れる予定で「たまには一人で頑張ってみようと思います」と意気込んだ。

 本作は2012年にデビュー8周年を迎える人気グループ「関ジャニ∞」が、各地のコンサートでご当地ネタを盛り込みながら上演してきた戦隊パロディーの映画化。荒廃した近未来都市を舞台に、テロリストに支配された町の平和と未来を取り戻すべく立ち上がった7人のヒーローの奮闘を描いている。(取材・文:中村好伸)

映画『エイトレンジャー』は全国公開中

「エイトレンジャー」興収“8”億円突破、10月にはハワイで上映
映画.com 8月17日(金)11時9分配信


[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「関ジャニ∞」が主演するアクション大作「エイトレンジャー」の大ヒット御礼舞台挨拶が8月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、“グリーン”を演じる大倉忠義が登壇した。7月28日に全国155スクリーンで封切り。8月16日時点で興収が“8”億円を突破し、大倉は「想像を絶する額なので、よくわからないですけど、たくさんの方に見ていただけるのは本当にうれしい」とファンに感謝。10月に開催されるハワイ国際映画祭の「スポットライト・オン・ジャパン」部門での特別上映が発表され、「海外の人にも日本のヒーローを知っていただくきっかけになれば」と笑顔で語った。

 関ジャニ∞がコンサートで披露してきた戦隊パロディを映画化。荒廃した近未来を舞台に、借金苦、アルコール依存症一発屋の元バンドマンなどワケありの若者7人が“エイトレンジャー”として、テロリスト集団との戦いに挑む。ファンとの質疑で「本当に演じたいのは何色?」と質問された大倉は、「本当はレッド。それに好きな色はブルーなので、グリーン(を演じること)に関しては疑問です。これからもどんどん上を目指したい」と笑いを誘った。

 大倉は六本木での舞台挨拶を皮切りに同日、浜松、名古屋、大阪、岡山でもヒット御礼を敢行。また、ブラックを演じる横山裕が札幌、福岡、広島を訪れ、ふたりで“8”都市を回る予定になっている。大倉の移動距離は、5都市で750キロ。一方の横山は3都市ながら、3250キロを移動する計算で「場所は僕のほうが多いですけど、結果的には横山君のほうが大変」(大倉)。出発を前に「全国に映画を見てくれたファンの皆さんがいることを確認してきます」と意気込みを語っていた。