読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけもちにっき

揺れ動くおたく

スタジアム&アリーナツアー

エイト コンサート

今年のツアーも5大ドームなのかな〜と思っていたらスタジアムと、何とまさかのアリーナツアーが!!!

野外はV6で一度行ったことあるんですけどすごく楽しかった記憶があるから絶対に行きたい!夕方から夜にかけての雰囲気がまた最高なんだよね(´∀`*)個人的には味の素より長居の方が気になる〜。
もちろんアリーナツアーも頑張る!今のエイトでアリーナ取れるのかなって考えるとものすごく不安なんだけど(ただでさえFC運がないので)今は行けることを信じて毎日を頑張るのみ!どうかどうか楽しい8周年になりますように!


試写会はものすごい倍率だったんですねえ。そりゃ当たらんわwじっぷ見たら大倉くんが茶髪パーマ(あれはセット?)で、私がファンになった頃の大倉くんみたいでものすごくときめいた!かわいいいいいいいいい><*前髪短いすばにゃんもかわいいよ><

舘ひろし、堂々のアイドル宣言「関ジャニ∞の8人目はオレ」
映画.com 7月8日(日)21時30分配信


拡大写真
アイドル宣言をした舘ひろし
 [映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「関ジャニ∞」が主演するアクション大作「エイトレンジャー」の完成報告会見が7月8日、東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで行われた。主人公のエイトレンジャーに扮する同グループメンバーの横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義の7人をはじめ、共演する舘ひろし、メガホンをとった堤幸彦監督が出席。舘は、「この映画をきっかけにアイドルを目指します」と上機嫌で宣言。映画オリジナルのキャラクターである伝説のヒーロー“キャプテン・シルバー”を演じ、「エイトだけど7人しかいないから、8人目はオレかな」とすっかりノリ気だった。

【フォトギャラリー】会見&舞台挨拶に出席したベッキー堤幸彦監督らの写真はこちら

 関ジャニ∞がコンサートで披露してきた戦隊パロディを映画化。荒廃した近未来を舞台に、ワケありの若者7人が“エイトレンジャー”として、テロリスト集団との戦いに挑む。「まさかシルバーのスーツを着ていただけるとは。本当にすごいこと」(渋谷)、「よくぞ(オファーを)受けてくださった。器の大きさが尋常じゃない」(村上)、「僕らの寸劇を映画化した作品に、舘さんが出演されるなんていいのかなって……。とても光栄です」(丸山)とメンバーも舘の出演に驚きを隠せない様子だ。

 大倉は「舘さんをこれでもかといじり倒すシーンは、怒られないか不安だったが、一切そんなことはなかった。いつか僕が大物になったら、こういう姿勢でいたい」と最敬礼。“キャプテン・シルバー”はほぼ全編マスクをかぶっており、「素顔が出るのは全体の1割か2割くらい。それでも口元だけで舘さんだとわかるのはやっぱりすごい」(横山)とベテラン俳優の存在感に圧倒されていた。

 一方の舘は「オファーをいただき『もちろん、やりませんよね』と会社から言われた」と裏話を披露。メンバーが9月に開催するスタジアムツアーを告知すると、「オレはスケジュール、空けておかなくていいの?」と自らライブ出演を提案し、笑いを誘っていた。会見後には同会場で完成披露試写会が行われ、共演するベッキー蓮佛美沙子東山紀之を加えた総勢12人が「∞」の形をした88メートルのレッドカーペットを闊歩し、舞台挨拶に登壇した。

 「エイトレンジャー」は7月28日から全国で公開。

舘ひろし「アイドルを目指す」宣言! 関ジャニ∞メンバー入りを狙うもファンの反応はイマイチ
Movie Walker 7月8日(日)20時34分配信


拡大写真
『エイトレンジャー』で伝説のヒーロー、キャプテン・シルバーを演じた舘ひろし
関ジャニ∞がコンサートで披露してきた戦隊パロディーを映画化した『エイトレンジャー』(7月28日公開)の完成報告会見&完成披露試写会が7月8日、TOKYO DOME CITY HALLで行われ、出演者で関ジャニ∞横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義と、舘ひろしベッキー蓮佛美沙子東山紀之堤幸彦監督が出席した。伝説のヒーロー、キャプテン・シルバーを演じた舘は「これの映画を機にアイドルを目指す」と宣言し、関ジャニ∞メンバー入りを狙うもファンの反応はイマイチで、肩を落とした。

【写真を見る】スパンコールをあしらったワンピース姿で登場したベッキーと、赤いワンピース姿で登場した蓮佛美沙子

芸能界の大先輩・舘との共演に、大倉は「キャプテン・シルバーの家に行くシーンで、これでもかってぐらい、舘さんをいじり倒している。これ、舘さんは怒らないのかなって思ったけど、一切怒らずやってらっしゃったので、僕ももし大物になったらこういう姿勢でいたい」と尊敬の眼差しを向けた。舘の頭をスリッパではたくシーンがあるという村上は,「器の大きさが尋常じゃない。リハーサルも含め5、6回、バシバシしているんですけど、それでもニコニコしてくださって、『今の良い音だったね』と言ってくださった時に、クランクアップまで楽しくできるなという空気を作ってくださった」と感謝を述べた。オファー時を振り返り、舘は「会社からは『もちろんやりませんよね』と言われた」と暴露し、関ジャニ∞のメンバーを納得させ、関ジャニ∞の魅力を「みんなが本音で(言い合い)、すごく仲が良い」と語った。

その後、行われた完成披露試写会では、ファンから関ジャニ∞への「可愛い!」の歓声が飛び、その様子を見た東山は「関ジャニがこんなに可愛いと言われるとは知らなかった。関ジャニよりもSexy Zoneの方が可愛い」と言うと、横山は「あっちよりSexyですけどね!」と対抗した。関ジャニ∞と同じ事務所に所属しながら、エイトレンジャーを知らなかったという東山は、悪役を演じるに当たり、堤監督から「シェイクスピアを演ずるようにやってほしい」と要望があったようで、「良い意味で浮こうと思いました」と振り返った。

八重歯がチャームポイントの村上は「こんなに八重歯がフューチャーされる映画は日本映画史上ないと思う。あんなに八重歯にCGを出していただいて、良い八重歯に仕上げていただいた」と自身の見どころをアピール。村上演じる村岡雄貴から思いを寄せられる仁科遥を演じた蓮佛は「こんなに八重歯でアプローチされたことがなかったので、これから八重歯って聞いたら村上さんしか出てこない(笑)」と心境を吐露した。

エイトレンジャーを考案した横山は、思いもよらぬ映画化に「ただ、びっくりですよね」と感激の様子で、「今年の夏、いろんなヒーロー映画が公開されると思いますが、『エイトレンジャー』は日本代表のヒーロー映画として頑張りたい」とヒットを願った。

本作の主題歌はエイトレンジャー名義として初リリースとなるシングル曲「ER」が起用。関ジャニ∞としては、初のスタジアムコンサートが行われることが発表され、9月15日(土)・16日(日)の東京・味の素スタジアム、9月29日(土)・30日(日)の大阪・長居陸上競技場を皮切りに全国10都市以上でスタジアム&アリーナツアーが開催される。【Movie Walker】