かけもちにっき

揺れ動くおたく

ドラマおめ!

よこやまさんドラマおめでとうございます!原作は読んだことないけど面白そうなので楽しみです。私もできることなら13歳の自分を再教育したいw
で、よこやまさんは東大卒ですと!文武両道の男ですと!松岡のアニキにいっぱいイジってもらって下さいね(´∀`*)番宣が楽しみだわあ。(ヤスケンや必殺で松岡にいじられるたっちょんを見るのが大好きだった私)


あとはドラマじゃないけどアカン警察はりょーちゃんの偏食ぶりを調査するみたいで期待大だし、年明けは奥様番組にひなくらが出演されるそうで。しかしなぜ奥様番組にひなくら?ひなちゃんは司会だけど大倉は・・・マダムキラーだから?(そんなイメージ)

TOKIO松岡が主役!村上龍さん職業ガイド本がドラマ化
スポーツ報知 12月6日(火)8時2分配信

 子供向けの職業ガイドとしてベストセラーとなった村上龍さん(59)の「13歳のハローワーク」(幻冬舎刊)が、TOKIO松岡昌宏(34)の主演で連続ドラマ化されることになった。来年1月スタートのテレビ朝日系「13歳のハローワーク」(金曜・後11時15分)で、松岡はタイムスリップで時空を越え、13歳の自分を再教育する。小説などではないガイド本がドラマの原作となるのは異例だ。

 「13歳のハローワーク」は、中学生に向けて500種以上の職業を紹介するガイド本。2003年に出版され、148万部のベストセラーとなり、進路指導の教材として全国の学校でも使われるなど、大きな話題となった。今回のドラマは、社会情勢の変化を受けて大幅に加筆修正し、昨年出版された「新・13歳のハローワーク」が原作。映像化は初めてとなる。

 ドラマは、捜査一課への異動を夢見る35歳のさえない警察官・小暮鉄平(松岡)が主人公。突然、バブル全盛期の22年前にタイムスリップし、能天気な13歳の自分(田中偉登=たけと)と遭遇。自分の思い描いた仕事と人生を手に入れるため、さまざまな職業を体験させていく―というもの。ドラマでは15種類以上の職業が登場する予定だ。

 初めてテレビに出たのが13歳の時だったという松岡は「当時、僕はすでにTOKIOのメンバーで、将来のビジョンもしっかりしていました」と胸を張った。ドラマについては「ほぼオリジナルに近く、プロデューサーと相談しながら作っていくたび、楽しみが増してきています。物語も夢があって面白い! グッときました」と語っている。

 共演は関ジャニ∞横山裕(30)、桐谷美玲(21)ら。鉄平を兄貴と慕う東大卒のモラトリアム青年・高野清文役の横山は、松岡と初共演。13歳の頃、原作を読んでいたという桐谷は、進学塾の臨時講師をしている女子大生・真野翔子を演じる。このほか風吹ジュン(59)、古田新太(46)らが出演する。

 脚本はドラマ「ドン★キホーテ」や映画「DOG×POLICE 純白の絆」の大石哲也氏が手掛ける。同局の中川慎子プロデューサーは「日本中の13歳にはもちろん、『働くことは生きること…』その実感を求めて、道なき道を歩み続ける社会人への応援歌となれば」と話している。